スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【復刻記事】ガンヲタ話 第34回「ガンダムヴァーチェ」

SDGOがサービス終了という情報を聞いてしまいショックな雨竜です。
というわけでSDGOのブログに一時的に載っけていたガンダムを語るだけの記事をこちらに移します。
そこそこな文章量なのでこのまま消してしまうのはもったいないと思ってしまったからです。貧乏性~。
記事の文面は修正せずにそのまま載っけています。

普段ガンダムガンダム言ってる雨竜の全リミッター解除した語りを見ていただければと思います。
エクシアが世界の歪みを断ち切り
デュナメスが世界の歪みを狙い撃ち
キュリオスが世界の歪みを撃ち落し

この機体は世界の歪みを消し飛ばします

picg60-1.jpg
ガンダムヴァーチェ。00第1期にてティエリアが搭乗したガンダムです。とある理由により、事実上の専用機になっています。
見た目どおり重武装ガンダムです。攻撃などは避けずに、他のガンダムよりも強いGNフィールドで受けてしまう事が多かったです。そのフィールドはエクシアを砲撃の中かばい通せるほど強く広いです。当時としてはこの機体の装甲を抜けるMSはなかなか出てこなかったです。
攻撃面も優秀。文字通り敵を消し飛ばすほどの威力があります。フルチャージなら空母すら一撃です。こんなの食らってよくコーラサワーは無傷で帰ってきたものだ・・・。

本編でも火力による拠点制圧、防御を生かした防衛などが多かったです。戦闘力が高いですが見た目どおりの動きしかできないので他のガンダムとの連携が重要なんですが、どうにも仲が悪い。連携が成功してるときはスローネ3機を刹那と二人で勝ってしまうほどなんですけどねぇ。

人革連には「デカブツ」と文字通りに呼ばれてました。その人革連のガンダム捕獲作戦の対象になった機体がキュリオスとヴァーチェです。キュリオスはハレルヤの暴走で、ヴァーチェは隠し要素を使う事で危機を脱しました。

picg60-2.jpg
ナドレ!

おかしいんですよね。エクシアが「GN-001」デュナメスが「GN-002」キュリオスが「GN-003」でヴァーチェが「GN-005」なのは。004が不吉な数字だからという理由じゃないんですよ。
ヴァーチェの存在は高火力が作戦に便利だからというだけの理由で作られたんじゃないのです。

picg60-3.jpg

ガンダムナドレ。これがヴァーチェの本当の姿です。髪の毛のようなものはヴァーチェのパーツとGNドライヴを繋ぐコードらしいです。
見た目どおりヴァーチェよりも軽快な動きができます。ゲームではまったく違う性能になります。それゆえにいつ「ナドる」かが重要です。このゲームではこの姿でなくても格闘に差し支えないのであまり脱いだりはしないようですけど。

武器はヴァーチェの肩のキャノンを両手に握り使えたり、トレミーにある予備のライフルなどを使えます。腕や足がエクシアに似てるので互換性があるかもしれないです。

装備面を見るとぱっとしないのでどうしてこれを隠しておきたいのかこのゲームではあまり分からないですが、この機体にはトライアルシステムという「ヴェーダの管理下にあるMSやシステムを全て掌握する」とんでもない力があります。たとえば、ソレスタのガンダムが強奪、反逆した場合、トレミーがのっとられた場合、ヴェーダを悪用あるいは計画に支障をきたす行動を起こされた場合などそれに対する対抗手段として用意されています。
劇中ではスローネ3機をシステムを使いあっという間に行動不能にしてしまいました。後にヴェーダ本体がのっとられてしまったので無効にされてしまいます。
システムを使える権限を持っていたのがティエリアのみなのでヴァーチェ、ナドレのマイスターはティエリア以外の適任がいなかったのです。

最終決戦前にヴァーチェのパーツは大破、最後はナドレで出撃することになりました。GN-X部隊を何とか退けるものの、ナドレは戦闘不能、ティエリアは自分の命よりGNドライヴを重要視しその動力を切り離します。
実際はティエリアもナドレも回収され、後継機であるセラフィムが作られる事になります。

このころからティエリアのガンダムのトンデモギミックがあったのですね。
セラフィムは背中のガンダム顔が分離してもう一体ガンダムが出てくるとか、ラファエルは不自然な武装してるなと思ったらこっちもガンダムだったとか、ティエリアが新しいガンダムを持ってくるたびにわくわくしたものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。