スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【復刻記事】ガンヲタ話 第16回「陸戦型ガンダム」

SDGOがサービス終了という情報を聞いてしまいショックな雨竜です。
というわけでSDGOのブログに一時的に載っけていたガンダムを語るだけの記事をこちらに移します。
そこそこな文章量なのでこのまま消してしまうのはもったいないと思ってしまったからです。貧乏性~。
記事の文面は修正せずにそのまま載っけています。

普段ガンダムガンダム言ってる雨竜の全リミッター解除した語りを見ていただければと思います。
picg18-2.jpg
というわけで陸戦型ガンダムですね。別名を「RX-79[G]」とも呼びます。一時期はこの名称で呼ばれていました。

RX-78ガンダムの余りパーツや使えなかったパーツなどを使って作られた機体です。大量に部品があったのかそこそこ量産されてます。別の意味で量産型のガンダムですね。
使えなかったパーツなどを使ったといってもそれはガンダムの一部になるはずだった部品。それで作ったガンダムが弱いはずがない。
コジマ大隊08小隊所属テリー・サンダーズJr軍曹は「これがガンダムか・・・」とつぶやくほどの性能。

picg18-3.jpg
主な武装はマシンガン、ビームサーベル、ミサイルランチャー、キャノン砲、ビームライフルも使用可能とかなり万能。ザク同様戦況などによって装備を持ち替えて戦うことが多いです。キャノンは分解して背中につけられるコンテナに入れて運搬することも可能。08小隊がやっていたような作戦ではかなりこれは便利だと思います。ガンダムVSガンダムNEXTの陸ガンが背負っていたやつです。
武装はこのゲームでも再現されてます。自分のお好みの陸ガンを使ってください。全部持ってたら陸ガンマイスターだ!

上記のコジマ大隊の小隊をはじめとする地上での戦闘をメインにした部隊に配備されていたようで08小隊以外にもガンダム戦記などの外伝でよく見たり乗ったりする機体だと思います。(Wikipedia先生によればコジマ大隊には20機。ガンダム戦記やブルーのことを考えるともっと存在していたと予想。

以前に紹介したEz-8やブルー、まだ手に入ってないですがジムヘッドなどもこの陸ガンの改修、改造型になります。

この陸戦型ガンダム、他のパーツとのバランスをとるためにリミッターをかけてあります。基本的にははずすことはないのですが、シローが雪山でアプサラスの落下を止めるときみたいに解除することも可能なようです。まあ、その場合は機体の安全は保障できないようですが。

picg18-4.jpg
量産型で余りもののパーツを使ったとはいえこの機体は正真正銘のガンダム。戦うための力です。
仲間を守り、愛を守り、そのために森を駆け抜け、砂漠を越えて、雪山をのぼり、頭が取られても、足が折られても、腕がもげても、愛する人のために戦うのです。

陸戦型ガンダムの多くはEz-8やジムヘッドのようなつぎはぎ状態になるようです。ガンダムのパーツを使っているということは替えがなかなかないのですね。そうでなくても補給物資が足りてるわけもなく、一年戦争で使われていたMSが配備された姿で終戦を終えたケースは稀なんじゃないでしょうか。
そのボロボロになった姿が陸戦型ガンダムの一番かっこいい姿なのかもしれないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。