スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【復刻記事】ガンヲタ話 第7回「ガンダムサンドロック」

SDGOがサービス終了という情報を聞いてしまいショックな雨竜です。
というわけでSDGOのブログに一時的に載っけていたガンダムを語るだけの記事をこちらに移します。
そこそこな文章量なのでこのまま消してしまうのはもったいないと思ってしまったからです。貧乏性~。
記事の文面は修正せずにそのまま載っけています。

普段ガンダムガンダム言ってる雨竜の全リミッター解除した語りを見ていただければと思います。
picg-7.jpg

カトル様曰く「僕のサンドロック」
オペレーションメテオのために作られた5機のガンダムのうちの1つ。接近戦だけでなく部隊指揮なども想定して作られてるようです。
マグアナック隊をまとめたり、ばらばらのガンダムチーム全員に指示を飛ばしたりと、隊長機らしいガンダムです。

両手に持つヒートショーテルがメイン武器、他にもミサイルやバルカン、改造後はビームマシンガンも搭載。とんがった性能や装備をしてるWのガンダムの中では意外と万能。

物語中盤、カトルを宇宙に上げるために自爆。そのときの「ありがとう、僕のサンドロック」というのは個人的に名台詞。エンドレスワルツでは「さようなら、僕のサンドロック」とも。自分の機体にあまり愛着のなさそうなヒイロやトロワに対して、カトルは友達のようにサンドロックを愛してますね。
そのときあたかも意志を持っているようにカトルの自爆を拒否するシーンがありますが、これはなんだったんでしょう。自爆するときにカトルが乗ってたら自爆しないようにプログラムされてたんでしょうか。ちょっと不思議な機体です。

「僕に、逃げろというのかい? サンドロック?」

その後マグアナック隊のみんなに修理され完全平和のために戦い続けました。
最後は完全平和に必要なくなった「戦う力」としてカトルとさよならします。

この機体ゼロシステムを搭載したことがあります。上に書いたガンダムチームに指示を飛ばしたときにヒイロが勝手に入れたのです。このゲームで再現されたら、通信指揮+ゼロシステムという感じに。格闘機体なので微妙かw

このゲームではミサイルで敵を物陰からおびき出し、ヒートショーテルで切りつけるという戦い方がメインになるんじゃないでしょうか。決してミサイルで芋する機体じゃないです。
僕には使いこなせないのが残念ですが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。