スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白玉入り寒天&雨降らしの竜合同誌 第1弾特設記事

 秘封オンリー「科学世紀のカフェテラス」の新刊は「主に庭師が現代入り」のてンさんとの合同誌!

 秘封倶楽部の出会いが「大学生だったら」「高校生だったら」という2つのIFをそれぞれ書いた合同誌になります。雨竜は高校生パートを担当です。

 自分のパートのみですが今回も予告編を作りましたのどうぞ。


「私は『夢を見る人(ドリーマー)』 夢と現の境界を超えて幻想を見る。私の名前はマエリベリー・ハーンよ」

 彼女はそう名乗った。

「よろしくね『星を見る人(スターゲイザー)』」

 わたし、宇佐見蓮子はそう呼ばれた。




メリーくらぶ


「あれがデネブ、そっちがアルタイル、んでベガだったかな」

 わたしが指差す夏の大三角形。

「なんていうのかしら? 魔力? 妖力? そういうのが空気中に満ちてる感じがするの。息が出来るって事は酸素とかそういうのもあるみたいだけど」

 不思議な世界にやってきた。

「世の中の秘密の封を暴く。そう『秘封倶楽部』 あなたが情報を集め、道を示す。私が境界と封印を見つけ、暴く。どう?」

 秘封倶楽部の結成だ。



蓮子らばー

「合わせ鏡って不思議よね、一つしかない物体がたくさんあるように見える。そういう視覚的な不思議さっていうのもあるけど、霊的にもいろいろなことがあるわ」

 やってきたのは遊園地、単刀直入に言えばデートだ。

「来たのはいいけど、帰り方考えてなかったわね」

 ふとしたきっかけで再びあの世界へ。

「いつだったか『ユング』なみには頭がいいんじゃないか、って言ってなかったかしら?」

 力の正体。


 
 蓮刈語

「~友達で、パートナーで、秘封倶楽部のメンバー、マエリュベ……」
「くすくす」
「失礼、かみました」
「わざとね」
「かみまみた」
「わざとじゃないのね」


 相棒と恋人の境界
雨竜パート「蓮刈語」
 文:雨竜三斗
 絵:瑠璃雛菊



 というわけで、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。