スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方レジャーランドレポート参加のようなもの

 2011年、初めて参加したイベント「東方レジャーランド」このイベントは10個のキャラクターオンリーイベントが同時に開催されて、その全部がなにかのレジャーランドのパロディであることはいまさら説明しなくてもいいでしょう。

 もうまどろっこしい説明なし


 にとりオンリーの開催じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
 午前4時。にとりへの愛をTwitterで叫んだら反応が返ってきてテンションUP。
 6時発の電車に乗って品川へ。途中で今回売り子をお願いした友達と合流。PSPo2iをひたすらやって、PSPの電池終了のお知らせ。ちょうど品川へ付いて乗換えで蒲田まで。駅から歩いて5分とはビートまりおさんのアレンジ。開場の近くにコンビニが見当たらず、少し歩いてファ魅魔へ。イベント恒例のちゅっちゅするためのゼリーとコーヒーを購入。
 10時に開場、何故か一番最初に入れてもらえた。いいのかな・・・?
 スペースに着くと箱が3つ。新刊だ。準備をしつつ本を出してみる。

 うん、今回もいい感じ。

 心配されてた色とかその他もろもろがまったく問題ない。やったね!

 準備をしてたりすると僕を訪ねてきてくださる方々が・・・。いろいろ話をしつつ新刊交換。準備が終わったらこちらから行く予定だったのですが、わざわざ来てくださる方に通りすがったところを捕まえたり、恐縮です。
 準備が完了したらあいさつ回り。新刊とありったけの既刊(秘封本少数出てきたやつは配ってしまい本当に終了。2月の秘封オンリーに合わせて今度こそ再販する)を持って回る。

 一通り回ってお隣にも挨拶して、あとは待つばかりってこんな時間じゃないかー。
 ポスターを用意するのに一番時間がかかりました。いろいろ問題点も見つかって次はどうにかしようということに。

 そして開場! この拍手がたまらない。

 ここから忙しくなります。幻想麻雀仲間や常連さん
「動画みたよ」という方
「前回がよかったので」という方
「コメントした者ですが」という方
「まとめお世話になってます」という方
 たくさんいらっしゃいました。友人の臨機応変な対応のおかげでなんとか切り抜けることができました。

 みんなに感謝!

 12時ぐらい、ちょっと出ることに。お手洗いと買い物。

 まずはニトリピアを一周。チェックしていたもの、気になったものを買い、他の島へ。戻ってくるとよく知ってる方の名刺が。

 人は何故すれ違うのか・・・。

 会いたかったのにぃいぃぃぃぃぃいぃぃぃぃぃぃいぃぃぃ。

 例大祭こそはご挨拶したい!

 そしてここからはまったりタイム。お話しながら、ポスターが傾いているのを気にしながら、隣の機械音に耳を傾けながら・・・。

 そんなことをしていたらあっという間に時間。カカッと撤収しながらおつかれさまでしたとアフターへ。

 アフターはもう・・・カオス。今回は景品とかまったく手に入らなかったです。前回並みのフラグ立てが必要なようです。

 というわけでそのまま帰路へ。帰ってきたのは11時過ぎ。ラーメン食べて寝ました。

pic678.jpg
 今回の戦利品などなど。納得のにとり率!

 というわけで二度あるか分からないにとりオンリーはこれにて終了しました。そんなイベントにサークル参加できて本当にうれしいです。
 イベント参加者の皆様、本当におつかれさまでした。


 次回があるならもちろん参加しますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
先に開催されたニトリピアにて、出版費用や発行部数について色々質問させて頂いた者です。
『笑顔の季節~春~』拝見致しました。
終始ニヤニヤしっぱなしで頬が緩みました。
カバーを着せても、電車の中で読むには破壊力のありすぎる代物でした。
じ、次刊では雛のデレがデフォだと・・・・・・!?いかん、涎がが。
殊活字からは、執筆者様のにとりに対する印象や愛が、生き生きと伝わるので、とても興味深く読ませて頂きました。
『ああ、この作者さんは、にとりをこんなふうに表現しているんだなぁ・・・』など、私のにとりに対するイメージとの違いを発見するのが好きなのです。
酷く個人的なことをつらつらと書いてしまった気がします。申し訳ございません。
URLからは私のブログへ飛びます。
発表予定のタイトルの一部分を公開しています。
開設したばかりの弱輩ブログですが、もしよろしければご覧下さい。
では、長文失礼致しました。
ttp://dai23gou.blog28.fc2.com/

Re: タイトルなし

 コメントありがとうございます。本楽しんでいただけてなによりです。
 ボクもいろんな人の本とか作品を見たり聞いたりして「この解釈はなかった」「なるほどなー」みたいに考えるのが好きですよ。特ににとりは書く方によって解釈、性格もだいぶ違ってくるキャラクターなのでいろんな「河城にとり」がいるのがにとりの魅力の一つだと勝手に考えてます。
 ブログのお話の方読ませてもらいました。なんとも雛がデレッデレで、オミュライスがオミュライスが! 失礼取り乱しますた。
 これはボクも負けてられないですね。お互いがんばりましょう。
ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。