スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00劇場版見てきました。

俺たちが
ガンダムだ!



 というわけで行ってきました。

 以降ネタバレ感想
 コーラサワー生存
 いきなりこれ語るのもどうかと思いつつすっごく印象強いのでw 2000回で模擬戦で不死身で幸せの彼もさすがに劇場版じゃわからない。前半のキス失敗で和んだり、階級間違えまくったり、出撃前にフラグ立てたりと出るところ出るところ濃い彼。
 GN-Xの専用機で出撃。敵機体に侵食されてさすがに死ぬかなと思ったらあれだよw あれだけの状況で無傷で生還とはまったく最後までいいキャラしてました。

 ティエリア復活
 なんでいるのという疑問に対して「ティエリア新しい体だ!」みたいなことをやらかすと予想したらホントにやらかした。「こんなこともあろうかと」という機体まで用意してあって、刹那の窮地を救ってくれました。
 最後にTV番組っぽいのがあり、そこにチラッとティエリアっぽい人が写るのですが、あれは本人でしょうか? 000や刹那と一緒に対話に行ったのは確かですが、ヴェーダと常につながってるので戻ってきて新しい体で外宇宙へと旅立つのでしょう。同じタイプのイノベイターとも考えられますが、ティエリアだと考えた方が面白いと思いますよ。

 ラファエルガンダム。
 頭の上のあれ、どうなるんだとみんな予想したと思います。
・大型クローファング 
・アレがヴァーチェみたいなボディになるんだ
・でかいビーム砲になる
 とか言われてましたが、

まさかガンダムそのものになるとは!

 相変わらず驚かせてくれるティエリアの機体。分離した方はセラフィーを改修したものらしく、完全に独立した動きが可能ということ。動力も別に用意されてるらしく、これならこの出力も納得。出番が少ないのが惜しまれる・・・。
 Gジェネでるときどうすんだろこれw

 僕らのグラハム
 やっぱりかっこいいグラハム。マスラオの発展機体に搭乗ということですが、フラッグですねこれw
「あえて言おう、死ぬなよ」
「未来への水先案内人はこのグラハム・エーカーが引き受けた」
 など数々の名言を残していきました。刹那と同じくらいの名言メーカーでしたね。
「これは死ではない、人類が生きるための・・・」
 最後までかっこいい男でした。

 分かり合う
 パンフレットとか見てるとそんなテーマがあらためて見えてきます。
 人と人とが分かり合えば戦争はなくなる。分かり合うことが重要。劇場版では特にこれが見えましたね。
 マリナも連邦の一番えらい人もこれをがんばってました。そして地球を救ったのもこれでした。
 00は難しいガンダムだと思います。誰を倒せば戦争はなくなる、全滅させれば話が終わる、そういうわけじゃなかったです。その後に何があるか、どうして戦争は起きたのか、どうして人は分かり合えないのか、そういうことをテーマにしたガンダムだと思います。
 宇宙に花が咲いて、人とエルスたちがようやく分かり合えて、戦いは終わりました。
 50年後、帰ってきた刹那とマリナが分かり合ってようやくこのガンダムは終わったのです。マリナと刹那が初めて会ってから、相互理解するのに60年近く必要だったのです。人って難儀ですよね。

 花
 この作品、花が出てきますね。フェルトが刹那に渡した花、エルスが咲かせた花、最後にマリナがいた家の周りの花畑、そしてガンダム。パンフレットに書かれてたのを読んで改めて考えました。
 50年もかけて対話をしてきた000ガンダム。最後には綺麗な花を咲かせてその役目を終えたように思えます。

 ボロボロのガンダムたち
 初代ガンダムは頭部、両腕が壊され、コアファイターだけが脱出。アムロを仲間の元に送ってその役目を終えます。V2ガンダムは、カサデリアに放置。ウッソたちを見守っててくれます。シャイニングガンダムはギアナ高地でドモンを助けて眠りにつきました。ガンダムダブルエックスは月とともにいつまでもそこにあります。
 と適当にあげましたが、大体のガンダムは最後にボロボロになり、その役目を終えるのです。GジェネFで「戦う力」と称されたガンダムは戦いが終わればその役目を終えるのです。
 00に出てくるガンダムは、戦うだけではなく「来るべき対話」のために作られました。そして000は上に上げたとおり花を咲かせて、動かなくなりました。役目を終えたのです。
 第2期のEDテーマでどの機体もボロボロだったように、ガンダムは最後にこうなるのがいいのでしょう。

 ボロボロのMSがかっこいいっていうのもありますけどね。


 全話をDVDで録画、劇場まで足を運んで見た00ガンダムはこれで完結しました。今までとはまた違うガンダムの形をとったこの作品も、ガンダムというシリーズに恥じないすばらしいアニメだと思います。
 考えさせられる内容、乗ってみたいと思うかっこいいモビルスーツ、素敵なキャラクター、僕たちを魅了してやまないガンダム。子供のころから見続けて、今でもこうして夢中になって見てます。
 いつまでもガンダムオタクでいたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。