スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳をすましてれば、新刊が届き、名刺が渡される

649-1.jpg
 ちょっと前に言ってた名刺を作ってみました。
 もっと前にも作ろうかと思ったんですけど、あまりに「ごっこ」だったのでやめました。でも今回は「ごっこ」でもしっかり活動して、創って、発表してるわけなので違います。
 恋まり以降、配る機会があると思います。よろしく。

pic649-2.jpg
 本も届きました。いやぁ、いい出来でいい仕事してますなぁ。
 今回はカバーがあり、ラノベっぽくをがんばってみたのでそんな仕様です。どこぞの劇場版のリグル本みたいな仕様は予算がががが。



「耳をすませば」当然見てました。
 いやぁ、青春青春・・・・・・爆発しろww

 この話はいろんなことを教えてくれますね。見るたびに新しい発見があります。ジブリの映画は奥が深い。
 雫の聖二に対する二人称も苗字→名前に君付け→呼び捨てと変化してますね。呼び捨てとかマジでときめくからやめてww
 相手を追いかける姿は素敵です。人は恋をして強くなったり、弱くなったりするんですね。そして成長して、大人になっていく。その過程の一部を見せてくれます。人それを「青春」という。

 耳すまといえば雫が物語を書くところが大きなポイントになってます。自分のやりたいことを見つけるってことですね。自分もそういう活動をしているわけで、共感できる箇所、応援したくなるような箇所はたくさんあります。初めての創作なんてわくわくと不安だらけです。今でもそんな気分になったりしますから。

 好きな人と出会って、やりたいことを見つけて、将来を考える・・・やっぱり青春の物語ですね。

 ちなみに、二次元、フィクションのお話だからこうして肯定的なお話をしますが、これがリアルにあったなんて言ったら即「爆発しろ」コールですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。