スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COOL&CREATE VS IOSYS なんとかどうとかってライブに行ってきました

 正確には「COOL&CREATE VS. イオシス -RUMBLE OF HEROES-」です。言うまでもなく。

 相変わらず主催してる方々に正確に呼ばれないツーマンライブです。石鹸屋のときも変な風に呼ばれてたり「これ考えたのだれだよ!?」とか言われてたりしました。


 簡単にあったことのまとめおば・・・
 相変わらず感想を箇条書き

・ソフトーク(俗称ゆっくりボイス)で会場案内。サイドスクリーンのAAとともにうぜぇwww
・一曲目はまさかの「魔理沙はタイヘンなものを盗んでいきました」歌えないところはノリでフォロー。
・そして「狂気の優曇華院」無理ソング連発とかwww
・でもかなり盛り上がる。
・アルバトロスの曲。良いの多いなぁ・・・。開拓したいけどお金ががががが。
・miko女史は予想以上の方でした。
・ケwwwツwwwアwwwンwwwカーwww
・煽ってくれたり、映像で歌詞流したりするとすっごく盛り上がりやすいです。知らない曲もすっごく楽しめた。
・この人数で「ばーか⑨ばーか」やるのはここぐらいだろうwww
・音楽+映像というのが今回のコンセプトというかテーマというかそういうのらしく、演出がすごいすごい。さすがIOSYS。
・これは忘れてた。生愚民やってきました。
\かぐや/ \かぐや/ \かぐや/ \かぐや/ \かぐや/ \かぐや/ 

\ぐーや/ \ぐーや/ \ぐーや/ \ぐーや/ \ぐーや/ \ぐーや/ 

\てるよ/ \てるよ/ \てるよ/ \てるよ/ \てるよ/ \てるよ/ 
・ここでIOSYSパート終了。いやぁ・・・楽しかった。あと目がチカチカするおwww

・ここで一旦休憩と思いきやまりおさんとあまね女史登場。机と椅子が用意されて写真とあわせてトークのコーナー。
 狐夢想さん・・・とっても怖いです。
 ポテト。
・そしてステージにいるメンバーで予想通りの「大江山ジャイアントスイング」
 こんなコラボを待っていた!
・そのままC&Cパートへ。
・うー、ぱちゅりー!
 なんと映像も用意されてました。パチュマリいいね。
・映像つきでのライブが定番になりました。「最高最速シャッターガール」
\最高/ \最速/
\最高/ \最速/
\最高/ \最速/
・こちらも絵がついて、ちぇえええええええええええええええええん。なネココタマツリ。

・ステージが暗くなって青いライトが残りました。これだけでやる曲が分かりますね。
 ようつべにあげられた告知ムービー

 に1つだけ分からないやつがあったんですね。

 緑の帽子をかぶった青髪でツインテールの女の子が出てくる絵。
 この特徴に当てはまって、C&Cとかかわりの強いキャラといえば「河城にとり」しか思いつかないんですよね。でC&Cの曲でにとりが関係してる曲は2曲。「秋想い、」とあの曲。
 で僕はずっと思ってたんですよ。
「まさか妖怪の唄にPV付くんじゃ・・・」

 その予想の答えが出るときが来ました。

 水の音のようなイントロから始まる唄。スクリーンに映像とタイトルが映し出されます。

 人間が大好きなこわれた妖怪の唄

 画面に現れたのは一人の男と、僕が囚われ奪われた蒼い瞳。

 PVがついたのです。

 曲が終わるまで瞬きした気がしないです。

 PVの内容は僕のイメージと殆ど一致。曲に合わせて流れるストーリーに感動するしかなかったですね。
 演出なしでもよかったのに、PVなんてつけてしまってもう・・・。

 曲が終わるとステージはいつもの雰囲気に戻りました。6分ちょっとの間だけ幻想郷が見えた気がします。

・新PVラッシュ。予想通りの「レヴァリエ」 PV作ってたのは前のテレビ番組のノヤさんを見れば分かりますよね。っていうかそれなしでも絶対やると思ってました。
・あまらぶとリグルライフはヲタ芸推奨曲。完全に羽目をはずせますね。
・まさかの「ウサテイ」をさらにアレンジ。まさに

\増し増しだー/ \増し増しだー/

 ここでも\てゐ!/ \てゐ!/叫ぶとは。
・ぎりぎりばれいんたいんで俺たちの時代キター
・あっという間にえーりんえーりん。

・長いアンコールだかウン●ールだかチ●コールだか分からないのを経てメンバー再登場。IOSYSのメンバーも登場。
・最後に全員で「シアワセうさぎ」空からシアワセが降ってきました。拾えませんでしたがw
・2つのグループの最後の曲がどちらも「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」のアレンジなんですよね。いかにこれが名曲が分かりますね。

・最後もゆっくりアナウンスで終了。時間もないことはないですが、長居する理由もないのですぐに帰路につきました。
 帰りはずっと妖怪の唄のことを考えてた気がします。それだけこの曲が僕に与えた影響は大きいです。この日また僕に大きな影響を与えてくれました。またこの曲をテーマに書きたいです。
 自分でも思うんですけどすっごく好きなんですね。それゆえににとりもとても好きなキャラです。そんな曲を作ったCOOL&CREATEってサークルが好きなんですね。

pic643.jpg
・今回の購入物。タオルは開始からリグルライフあたりまでは頭に巻いてましたが、リグルライフでぐるぐる回すのに使ってました。手ぬぐい持ってきて巻けばよかったなぁ・・・。やってる人をみてからちょっと後悔。



 まとめ
 感想がC&C寄り(妖怪の唄をベタ褒め)になってしまいましたが、IOSYSもよかったです。映像技術などをつかった演出、盛り上がり、洗脳性のある曲の数々でまったく飽きずに楽しめました。IOSYSやアルバトロスが好きな分だけ楽しめたと思います。
 っていうかmiko女史はライブでもこの声でるのか・・・。プレゼントのラッピング只者じゃないですね(ぉ
 今回はやっぱり映像がすごかったですね。殆どの曲にイメージ絵やPVがついてます。なかったのは2,3曲ぐらいで、映像と曲がとても印象に残ってます。どちらのサークルも今後のライブなどで使われるんじゃないでしょうか。今から楽しみです。

 いやぁ・・・もう本当に妖怪の唄が頭から離れませんね。本当にこの曲にかかわったすべての人たちが好きです。

 というわけでおつかれさまでしたー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人間が大好きなこわれた妖怪の唄にPV…だと。やべぇ、これは見たい!!

Re: タイトルなし

 PV自体は殆ど完成してるらしいので、迷走ポタージュの新作として公開するかもしれないですね。なんにしても期待は高まるばかり。
ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。