スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EVAがやばい

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 見てきました。

pic600.jpg
 写真はエヴァ缶コーヒー、前売りチケットの半券、チケットについてきたペンペンのエントリープラグボールペン、とパンフレット。この表紙だけじゃネタバレにならないし、何がどうなってるのかも分からないからいいよねw


 これはやべぇ。なにがやばいって。弐号機とかマリとか・・・


 どこもネタバレ感想やってて「もういいよ」とか思ってるかもですけど語りたいのでやりますw

 まずはネタバレにならない箇所から。


 パンフレットにこんなシールが張ってあるんですよ。
「 WARNING!
DO NOT OPEN THIS BEFORE WATCHING THE MOVIE

 つまり映画見てから見ろ。そのシールで封してあるのでマジでネタバレしないようにがんばってるのが分かります。
 2回目見る前に少し見てたんですけど周りの人に見えないように読む必要があるくらいネタバレ多いです。
 さらに中には袋とじがあってというすごい仕様。

 パンフレットにそこまでがんばってる今回の劇場版、肝心の内容は


 マジでおk? ならどうぞ。












 これはやばい。


 何度も言うけど弐号機がやばい。


 前の劇場版の25話と同じくらい、いやそれ以上のやばさ。これは地上波で放送できないね。(今日序をやるけど次はないね)
 その前の劇場版を当時小学生だった僕は父と見たのですが、父はEVAを見て「化け物」と呼びました。

 今回はそれがもっと適切な比喩(比喩とかじゃなくてマジで化け物だけど)だと思えますね。
 どっちが敵だよ・・・。


 袋とじの3ページ目、って言えば持ってる人は分かるはず。


 初めて弐号機を「怖い」と思いましたね。

 夢に出なきゃいいけど・・・w

 そこばかり印象に残ってるわけではなく、最初の出撃もかなりかっこよかったです。
 再び弐号機で板野サーカスやってるところを見れるとは・・・。ユニゾンキック(スパロボではこんな名前の攻撃)のソロバージョンも見せてくれましたね。いやぁ、EVAは飛ぶとかっこいい。

 今回の2号機は国外製EVAなのでホントはアラビア表記が正しいみたいです。でも漢字で書いたほうが見慣れてるんですよね。どっちがいいだろう。


 次に印象に残ったのは声や音ですね。
 序のヤシマ作戦もすごかったですけど、今回もすごいすごい。
 最近は5.1chの音が多いんですけど、それがフルに生かされてますね。
 最初のシーンなら右から英語、左からドイツ語、真ん中はマリの日本語とか。3号機起動実験のときには右後ろから英語が聞こえてきますからね。戦闘中もその方向から音が聞こえてきたりと映像技術だけじゃなくて音響もすばらしいです。


 そして注目の新キャラ「真希波・マリ・イラストリアス」 EVAには珍しい悩みのなさそうなキャラです。
 EVAにためらいもなく乗ったり、戦闘前に能天気に歌ったり、あの状況でシンジ君に気軽に話しかけたり、戦闘終了後にくしゃみをしたりと、かなりぶっとんだキャラですね。
 個人的に気に入ったのはあの「メガネメガネ」と言いながらメガネを探すという古典的メガネキャラギャグをやったこと。あれはよかった、よすぎた。EVAの好きなキャラランキングが一気に変わるほどによかった。
 そんな中EVAに話しかけたりする不思議な一面も。EVAに意思があるようなことはTV版を見た人ならとっくにご存知のはずですけど、アスカのようなキャラからすればおかしな行動なんですね。(でもTV版で「かっこ悪いけど我慢してね」とか「あなたは人形なんだから~」みたいな台詞あり。アスカもなかなか分からないキャラクターだw)
 個人的には2号機をああするときの台詞が好き。

 そして戦闘中もかなり飛んでます。5号機(国外製のEVAなのでこの表記でおk)をためらいも無く壊したり、使徒との戦いを「楽しい」とか言ったり、装備を変えるときに「よっ」「ほっ」など掛け声を出したり・・・、パンフレットにもありますが、EVAのキャラとしてはめずらしいです。

 目的に対してためらいが無い・・・というのが一番適切な解説でしょうか。


 肝心の話の展開。文字通り破壊されてます。
 TV版と違う箇所を探すより、TV版と同じ箇所を探すほうが今回は早いぐらい変わってます。同じ箇所といえば・・・台詞の使用箇所が違う程度? あと4号機は相変わらず蒸発するし、3号機もやっぱり乗っ取られるし・・・、えと、そのくらい?










 語れる人募集中(ぇ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。