スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕がソシャゲをやる理由 ~僕にとってトイズドライブとは

 今やソシャゲ戦国時代。あらゆるソシャゲが利益を求めて立ち上がっては潰れ、立ち上がっては潰れ、裏話闇話も探せばたくさん出てくるそんな時代。
 そんな中『大探偵時代』をテーマにしたひとつのソシャゲが生まれた。

『トイズドライブ』

 トイズ、それは選ばれし者の心に膨らむ奇跡のつぼみ……(ナレーション:諏訪部○一)というミルキィホームズを題材にしたゲームだ。

 舞台はヨコハマではなく、トウキョウ。この世界のトウキョウは楽都と呼ばれ、音楽であふれる華やかな街。そこで起こる歌怪盗事件や闇化事件をめぐるお話というが大まかなあらすじ。

 もちろんミルキィホームズもでるけど、メインになったのは主人公の探偵事務所の三姉妹。ミルキィホームズたちは世界観を繋ぐ橋渡し的な役であり、大きな活躍はない。ゲーム内の性能も控えめだ。

 紅白にも出て、東京ドゥームライブを成功させた某9人組女神の影響(みもさんとそらまるさんが出てるので)でミルキィホームズを始めた自分だが、その女神の音ゲソシャゲと合わせて進行するほどハマったトイズドライブ。なんでこんなにハマったかというと、ゲームシステムではなく世界観とキャラクターだ。


 ソシャゲにおいてキャラクターは重要だ。キャラによっては全ユーザーの総課金額が『ゴッホのひまわり』と同じ数字なることだって考えられる(某シンデレラアイドルゲームの厨二病アイドルの出たガチャで実際にそれは起こったらしい)

 だからどのソシャゲも頑張ってキャラを魅力的にしようとするわけである。キャラが強いと課金される場合もあるが、僕的に考えれば強いキャラをガチャで出し続けるとゲームのバランスがインフレを起こすため良くない(ネトゲでよくあるやつ)


 このゲームはミルキィホームズにも出てくる職業、探偵、警察、怪盗、歌い手、その他という分け方をしている。ミルキィホームズの世界観を活かした設定で、とても好きだ。

6色の属性(ミルキィホームズを由来として赤青黄緑白黒)と合わせて、どのように編成すれば戦いに有利かという戦略性もシンプルでいてなかなか考えた。


 トイドラのキャラはみんな可愛い。あと妙に腋やふとももがエロい。と言ってもそういうの目当てで始めたわけではなく、プレイしている最中にそう思ってきたことは名誉のために言っておく。

 つまり安易なエロで売ってない。

 僕が好きなのはガブリエルとミス・プライドあとメガネキャラ全般で、性能が追いつく限り一軍で起用していた。

 キャスト陣も響(声優事務所)のひとたちを筆頭にいい声を出す方が多い。かといって、『豪華声優陣』という言葉であまり釣ろうとしてないのがトイドラの良いところだ。有名になりつつある若手女性声優を起用してはいるので、その釣り方はできたはずだが、そんなことはしないしする必要が無い。

 声オタとしては勇太くん(CVいずさま)、怪盗ストレイカー(CVみころん)、怪盗マリー(CV西゚∀゚)、怪盗ミス・プライド(CV田中まなみん)など、この方々は有名キャラでは聞かないようなキャラを演じており、CVを見た時の驚きはでかかった。


 閑話休題。

 世界観もいい。ストーリーの背景やステージの背景など、東京の元となった場所をイメージしてデザインされており、聖地巡礼ができそうなほど高クオリティである。個人的にアサクサとジンボウチョウが好き。

 デザインには楽都らしい音楽に関わる記号や絵が散りばめられており、この世界がどうなっているのかは想像に難くない。いろいろなものがそそられる気合の入った物だ。


 他にもこのゲームはミルキィホームズTD以外とのコラボがなかった。つまり、外部からコンテンツ入れて、そのコンテンツのファン層をユーザーとして引きこもうとしなかった。それだけトイズドライブのミルキィホームズのコンテンツ力に自身があったわけで、それも評価したい。

 
 良いところを解説したところで気がついた。僕がソシャゲやる理由って、元になったアニメなどの世界観を広げたいからなんだと。もちろん全く知らない世界に飛び込むこともあったが(ミルキィホームズともコラボした某弾幕STGなど)、要は『新しい世界が見たい』のだ。これは僕がアニメを見たりラノベ読んだりするのと全く同じ理由だ。ゲームの場合はちょっとずれて『この世界に飛び込んで冒険がしたい』になるかもしれない。

 今まで小林オペラやエラリー・姫百合が調査をしてきたこの世界を、ミルキィホームズがやりたいほうだい散らかしてきたこの世界を、冒険したい。そんな感じかもしれない。


 ソシャゲというのは基本的にエンディングはない。終わりのない冒険や物語を続けていき、その終わりを見つけるのはプレイヤーだ。プレイヤーが終わりを見つける以外で、ゲームが終わるのはもちろん『サービス終了』である。

 雨竜が今までまともにやってきてサービス終了してしまったのは、セガの『ファンタシーで星のオンライン』のパソコン版と、ガチャポンからでるガン○ムのFPSゲーが挙げられる。このふたつは思い出がでかい。どちらもまたやりたいなと思えるゲームであるが、サービス終了してしまえば残るのはスクリーンショットや思い出だけで、作ったキャラや武器、ガチャで引当て1000回以上乗り回したモビ○スーツを使うことはできない。

 トイズドライブも、ゲームのプレイやキャラをタッチして遊んだり、ストーリーのボイスを聞いたりすることができなくなる。(スクショは撮って置けるので、手間さえかければ画像などは残せる)


 大袈裟な言い方をすると世界が終わるのだ。

 僕はこれをとても惜しいと思っている。


 僕は某CDからモンスターを再生する育成ゲームが好きで、発売から約18年経っているが未だにプレイしている。この世界のモンスターをすべて育成してもこの世界は終わらないからだ(バグでゲーム内時間100年経過するとフリーズするらしいがそれはおいておいて)

 これはハードがPS1であるため、現行のハードでも動くからだ。ニコ動で古いゲームが再注目されるのはこのためである。実機が動かなくてもエミュレータを駆使すればソフトが動くのだ。

 だがネットゲームの大半は10年、20年後プレイすることはできない。思い出にひたるためにやり直したり、前は出来なかったけど今はできるという再挑戦ができない。

 プレイできなければ、時間が流れてもゲームの評価が見直されることもない。

 人によってはいずれ忘れてしまうであろう。こうなるとこのゲームが、この作品がほんとうの意味で死んだことになる。


 じゃあ僕たちはどうするべきか。

 僕はおそらくトイズドライブのことを忘れないと思う。捜査中に寝る探偵や、つるぺたなのに妙にエロい格好をして味噌汁が大好きな怪盗、元気と社交性が取り柄の末っ子探偵、ちっちゃくて意地っ張りだけどデレると可愛い長女、食べることが大好きで切れると闇化した怪盗すらボコる次女探偵、この子たちのことをちゃんと覚えている。

 自分たちが覚えていれば、語り継げば、その作品はひとつの物語として生き続ける。

 サービス終了したのだから、ゲーム性も売上もキャラもあまり良くなかったのだろうと評価されるのかもしれないけど、僕の中では欠点はあったが好きなゲームだった。思い出になればその欠点すら話題にできる。小衣ちゃんやフェザーズが曲でしかいない(フェザーズは円盤特典で使用可能だった)とか、勇太くん居るなら怪盗帝国の野郎どもも居ていよかっただろうなどなど、そんな感じ。

 ミルキィホームズの曲を聞いて「ああ、あったね。プレイしてたよ」といえるようになれば、このゲームがあった価値はあるのではないかと思う。

 ミルキィホームズがライブで『OverDrive』を歌う度に、録画した『みるみるミルキィ』で曲名とゲーム名を間違えたエピソードを見るたびに、このゲームのことを思い出せるのだ。
スポンサーサイト

例大祭戦利品感想その1「にと×ひな!新装版」

 雨竜は正直感想を言ったり書いたりするのは苦手です。というのも感じたものをうまく相手に伝えられない、失礼な紹介や感想を言ってしまうのではないかとという恐怖もあります。表現者としてはちょっと問題ですね。

 感じたものを再構築、自分の中で別の形で表現するのは得意なんですけどね・・・。僕の同人誌というのは全てそうやって作られてる言っていいです。
 ハチクロのはぐちゃんの考え方です。世界にはたくさんの箱があって、それを開けて出てきた「?」を見て聞いて感じたものを、捕まえて味見して、格闘して名前をつけてもとの場所に戻す。僕もそれをやってるにすぎないのです。おそらく神主もこれに近い考えをして東方を作っているのではないでしょうか?

 それはともかく同人誌の感想をこうしてブログに書くのは四面楚歌さんの「赤い幻想」 RHYTHM FIVEさんの「りん×くう」以来な気がします。でもあれってあげたってかな・・・。
 今回は同じくRHYTHM FIVEさん「にと×ひな!新装版」の感想をざっくりと自分なりに語ろうと思います。
作品紹介ページはこちら
特に推してる理由は
・雨竜もにとりと雛のカップリングで本を書いており、同作のリメイク前に多大な影響を受けている。
・にと雛ちゅっちゅ
・浅木原さんの本で一番好きなのが同作のリメイク前。
・にと雛ちゅっちゅ
・みとりを書いた数少ない同人誌である
・にと雛ちゅっちゅ
 このとおりです。

 箇条書きで思ったことをつらつらと書いただけですが、もしそれで興味を持ったらこの本を読んでもらえると僕としてもうれしいです。

続きを読む

第8回博麗神社例大祭 にとり本とかまとめ

 前回のコミケのときはちょっと作るのが遅かったですが、今回は早め早めと作ります。前回は特にチェックが甘くて買いそびれがあって悔しくて悔しくてビクンビクン感じません。

 にとりがメインの本、にとりのグッズがある、という感じのをピックアップしてるのでちょい役とかイラスト集に1ページみたいなのは扱ってないです。それでもオススメしたいということでしたらコメントや拍手、メール、Twitterなどからご連絡ください。

 サークル名は敬称略です。
 失礼なご紹介がありましたら、お手数ですがご一報ください。即日直します。
 情報は完璧じゃないので、当日間違えなどありましても残念ながら責任が取れないです。それでサークルさんを攻めたりとかはしないでくださいね。

 本によっては年齢制限のある「そこまでよ!!」な本があります。なるべく把握してご紹介しますが、苦手な方、年齢に満たない方はご注意ください。18歳未満と高校生は買っちゃだめですよ。お約束を守らない人はぱっちぇさんが賢者の石を作るときの材料にされます。
 冗談抜きお願いですから年齢に満たない方は我慢してください
 あとサンプルある場合でも張ってないです。

 このまとめは僕、雨竜三斗が好きで作ってるものです。それを公開して役に立つ人が他にいればいいなみたいな感じで公開してます。他にもキャラごとのまとめ、有志の方が作った地図などがありますが、それがあるからといってカタログを買わなくていいというわけではありません。カタログを買って、諸注意の漫画を読んで、サークルカットを見て、サークルカットの下のほうの一言コメントで笑って、それでから祭りに参加しましょう。
 まあ、例大祭とかオンリーは基本的にカタログ購入必須なので皆様持ってると思いますけどね。

 アレンジ系はフォローしきれないです。CD全曲「神々が恋した幻想郷」と「芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend」のアレンジというなら別ですけど、ほとんどの方はいろんな曲のアレンジをしてCDにすると思います。なのでこちらでは紹介しません。こちらも「にとり好きとにとりの旦那にオススメしたい」ということでしたら連絡をください。

 二次創作のゲーム系もにとりがメインの場合はできるだけ紹介したいです。情報等ありましたらください。

 他にも「うちもにとり本だすよー」「紹介してほしい」というサークルさんからの連絡、「ここオススメ」「ここいいですよー」という紹介や情報提供はメールーフォーム、拍手、コメント、Twitterなどからどうぞ。



 まだまだ時期が早く情報を公開してないサークルさんが多いです。
 紹介文がないサークルさんはまだ情報を公開してないサークルさんだと思ってください。決してディスってるわけではないですよ。
 現地点ではカットがにとりのサークルさんをリストに載せています。サークルカットが別のキャラでもにとり本がでるサークルさんが増えるかもです。逆にカットがにとりでもにとり本が新刊じゃない場合などはサークルさんは下の方でご紹介。ですが既刊ににとり本があったりの場合は可能な限りご紹介。ここら辺の情報も完璧じゃないのでご了承ください。


 5月に延期しまして、頒布予定だったものは委託してしまい「新刊はなし」というサークルさんもいらっしゃいます。なるべく特定して紹介しますが、やっぱり難しいです。

更新履歴
2/28 公開
3/1  製作のしおりさんに紹介していただきました。ありがとうございます。
   書き忘れていた感想を更新
3/3  あ-40b Points の情報を追加
   あ-60b happy flame time の情報を追加
   B-19a I'm の情報を更新
   I-34b 蒼空逃避行 の情報を更新
   I-32b ゆずみかん の情報を更新
   I-36a カザミドリ の情報を更新
   I-49a MIZUMAE の情報を追加
   I-31b まるや の情報を更新
   I-46b 半纏クジラ の情報を更新
   L-31a 豆屋 の情報を更新
   き-05a カゼノウタ の情報を更新
   そ-15a あるけみい の情報を追加
   は-12b ですのや☆ の情報を追加
(順番は更新、追加した順番です)
3/6 た-56b めいぽけ の情報を追加
   J-35a はれもよう の情報を追加
   I-42b とんぷぅら亭 の情報を更新
3/7 す-16a Luz の情報を追加
   J-04a 芽の里 の情報を追加
   く-27b Lapin!!! の情報を更新
   E-21a 乃藤悟志 の情報を更新 補足へ移動
   K-17a パンツァーズ の情報を更新 補足へ移動
   上の文をちょっといじりました。補足についての記述を追加。
3/8 J-35a はれもよう の情報を更新
   P-48b ユラスピカ の情報を追加
   ひ-56a アールグレイ の情報を追加
3/10 B-11a すいーとみるくしぇいく B-11b すたじお寿司くいねぇ 2サークル合同誌の情報を追加
   き-05a カゼノウタ の情報を更新
  I-34a りとる☆くっくー の情報を更新
  つ-35a 雪融水 つ-35b びっくりめがね の情報を更新。
  I-32b ゆずみかん の情報を更新

4/26 再開しますた。
5/1 H―42a GKW の情報を追加。
5/5 B-11b すたじお寿司くいねぇ の情報を更新
   I-42a FP WORKS の情報を更新
   き-48b 旗のとこ集合な の情報を追加
   K-45b うらけん に委託 ねこでした の情報を追加
5/6 K-17a パンツァーズ の情報を更新。
   I-37a がみがみやっきょく の情報を更新。

5/7 最終更新です
   き-05a カゼノウタ の情報を更新。
   P-26a 汐月水園 の情報を追加。

続きを読む

C79 にとりまとめ

 さぁ、コミケの時期です! 来年はにとりオンリーもありますがここで気は抜けません!

 にとりがメインの本、にとりのグッズがある、という感じのをピックアップしてるのでちょい役とかイラスト集に1ページみたいなのは扱ってないです。それでもオススメしたいということでしたらコメントや拍手、メール、Twitterなどからご連絡ください。

 サークル名は敬称略です。
 失礼なご紹介がありましたら、お手数ですがご一報ください。即日直します。
 情報は完璧じゃないので、当日間違えなどありましても残念ながら責任が取れないです。それでサークルさんを攻めたりとかはしないでくださいね。

 本によっては年齢制限のある「そこまでよ!!」な本があります。なるべく把握してご紹介しますが、苦手な方、年齢に満たない方はご注意ください。18歳未満と高校生は買っちゃだめですよ。ぱっちぇさんのロイヤルフレアで消し飛ばされます。
 冗談抜きお願いですから年齢に満たない方は我慢してください

 あとサンプルある場合でも張ってないです。

 アレンジ系はフォローしきれないです。CD全曲「神々が恋した幻想郷」と「芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend」のアレンジというなら別ですけど、ほとんどの方はいろんな曲のアレンジをしてCDにすると思います。なのでこちらでは紹介しません。こちらも「にとり好きとにとりの旦那にオススメしたい」ということでしたら連絡をください。

 二次創作のゲーム系もにとりがメインの場合はできるだけ紹介したいです。情報等ありましたらください。

 他にも「うちもにとり本だすよー」「紹介してほしい」というサークルさんからの連絡、「ここオススメ」「ここいいですよー」という紹介や情報提供はメールーフォーム、拍手、コメント、Twitterなどからどうぞ。

 今度こそ、拍手を毎日チェックします!OTL


 今回よりTwitterも乗せます。気になる方はフォローしてみてはいかがでしょう。

 リンクとか紹介文とかないサークルさんは情報収集中・・・。自己申請含む情報求むってやつです。

更新履歴
12/10 公開
12/11 表記を一部変更
   感想を追記
12/13 エ―13b「Lapin!!!」の情報を追加。
   ミスが見つかったのでこっそり修正
   オ―44a「かみか堂」に委託される本のの情報を追加。
12/17 R―31b「Public Planet」の情報を追加。
12/25 ク―56b「たかどや亭」の情報を更新。
12/28 1日目より参加のため最終更新になります。
   A―36ab「アールグレイ」の情報を追加。
A―87b「HaruTomo」の情報を更新
   ケ―2b「髑髏株式公司」の情報を更新
   ケ―3a「しろのわ~る」の情報を更新

続きを読む


 新作ですね。

 まずはゼリン期待。
 にしてもこの姉さんいいキャラしてますねぇ。ある意味理想の姉です。

 ふとしたきっかけで

 こちらも見直ししてたのですが、なんとなくまた「動画」という形で作品が作りたいなぁと思いました。

 といっても僕にできるのは「文章を読む動画」がせいぜいなのでなかなか難しいものです。
 前は幻想入りシリーズの中で「サウンドノベル形式」が受け入れられていた、「現代入りシリーズ」という亜種の数が少なかったという理由で成功をしたわけです。今は幻想入りシリーズもかなりの量になり、それ以上に東方の二次創作を動画として上げる方が増えてきてるのでその中から見てもらうにはなかなか難しいなぁ、とか思っちゃったりしてます。
 インファの続きの案が残ってるのでそれをやろうとも考えてますが・・・。

 どっちにしても機会があればという形になっちゃいますねぇ。最近同人誌書くのにお熱ってのもありますけど。
ブログパーツなどなど
プロフィール

雨竜三斗

Author:雨竜三斗
雨竜三斗は文章系創作活動の名前

雨男は動画作成時の名前

pixiv ニコニコ mixi


Circle.ms

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。